キッズビレッジのコンセプト


川口、そして日本の子育て環境の現状
川口市の認可保育所と放課後児童クラブの開所時間の違い

スクリーンショット 2016-03-26 6.45.23

キッズビレッジではお子様の就学により保護者の生活スタイルに変化や負担が生じないことが小1の壁解消に繋がると考えています


平成23年総務省発表データより

スクリーンショット 2016-03-26 6.47.14

日本のお母さんは本当に頑張っています=負担が大きすぎる

そして日本のお父さんの家事・育児時間が少なすぎです


子どもの放課後の居場所の質向上のため、キッズビレッジ代表の泉大輔が川口市子ども・子育て会議委員として川口市の子育て行政改善に取り組んでいます

また働き方改革推進のため、運営会社のモチベートカンパニー株式会社では企業研修事業を行なっています


キッズビレッジでは子供たちの栄養管理を考え昼食おやつ補食も手作り料理を提供します

img_2869

子供たちには調理体験を通じて食への興味を抱かせたり、みんなとの食事を通じてテーブルマナーやコミュニケーションを育みます

img_1057

昼食はキッズビレッジで手作り給食を食べるので朝お弁当を作る必要はありません

保育時間
子どもの自主性を信じ、ユニークなツールを使うことで本人の意思確認をしながら日々の活動や宿題の取組時間を自ら決定しています

0013

そしてICTツールをフル活用してコミュニケーションの楽しさ、大切さを

FullSizeRender 55

くわしくは説明会にて