【新サービス】学級閉鎖時の健康児のお預かりについて

投稿日: カテゴリー: blog最新情報

こんにちは、小学生は元気に外遊びに行くけど、冷たい風が身にしみるキッズビレッジの泉です。

先週時点で埼玉県もインフルエンザ流行期になりました。

昨年に比べると1ヶ月以上も早いようです。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-29-17-13-51

過去3年の傾向を見ると流行期に入って1ヶ月位でピークを迎えます。

今年はこれから年末に向けてインフルエンザ感染拡大の可能性があるので感染予防対策が必要です。

  • 手洗い
  • マスク着用
  • 咳(せき)エチケット

中でも手洗いが大事だそうです。

2364e60c7e6e68aca62c43c0dd6cf471_l

学級閉鎖時に困ること

小学校でインフルエンザが流行すると学級閉鎖になることがあります。

同じクラスで過ごしているため、罹患の可能性があり感染拡大を防ぐことが目的です。

しかし日中に仕事などで保護者が家に居ない小学生が通う放課後児童クラブでは、学級閉鎖になったクラスの健康児が利用できないため、やむを得ず保護者が仕事を休んだり、子どもが1日留守番している状況もあるようです。

もちろん仕事を休むべきだと思いますが、休みたくても休めない時もあるのが現実。

キッズビレッジの新サービス

学級閉鎖を防ぐためには予防が大切。

もちろん予防対策は講じてはいますが、インフルエンザウイルスは目に見えず人から人に感染するため、誰から感染したか医学的に100%立証はできないようです。

そして、突然襲ってくる学級閉鎖に順応するのは結構大変だと思うので、インフルエンザによる学級閉鎖時の健康児のお預かりを開始することにしました

くわしくはコチラをご覧ください

これで働きながら子育てすることの苦悩が少しでも軽減できることを願ってます