プログラミング教育 小学校での必修化 検討始まる

投稿日: カテゴリー: blog最新情報

小学校でのコンピュータープログラミング教育の必修化に向けて、文部科学省の有識者会議が開かれ、必修化した場合の課題や授業の内容などについて検討を始めました。プログラミング教育については、AI=人工知能などを駆使した「第4次産業革命」の実現に向けて、人材育成を強化する必要があるとして、政府が今月まとめる新たな成長戦略に小学校での必修化を盛り込む方針です。(5/13 NHK NEWS WEB)

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160513/k10010519901000.html

こんにちは、キッズビレッジの泉です。

いよいよ小学校でのコンピュータープログラミング教育必修化の検討が本格化してきましたね。

キッズビレッジでは以下2つの事を実践しているので、子どもも安心して取り組めるのではないかと考えています。

スマートフォン、タブレット等の正しい使い方

いまの小学生は保護者(もしくは本人)のスマートフォンやタブレットを使ってゲームをしたり、動画を見ることに使っている事が多いと思います。これが間違っていることではないですが、それだけではスマートフォンやタブレットの持つ機能は使いきれていません。

キッズビレッジではスマートフォンやタブレットがコミュニケーションツールであることを学べるよう、日々の活動の中で子どもの意思で直感的に使えるよう専用アプリを開発しました。

IMG_1334
TOP画面
アクション画面
アクション画面

このアプリを通じて、ご家族でのコミュニケーションが少し豊かになればいいと思って開発しました。(私はプログラマーじゃないので、知り合いに作ってもらいましたが)

ものづくりを通じて物理・工学・コンピューター・プログラミングに強くなる

キッズビレッジでは今年4月から小学生向けプログラミング学習教室を都内中心に20拠点以上で展開しているステモンと提携し、毎週水曜日にキッズビレッジ内でステモン教室を開いています。

キッズビレッジに通う子どもはもちろん、習い事としてステモンに来る子もいます。

詳しくはhttp://kids-village.net/school_stemon/

詳しくはキッズビレッジ説明会